×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る


同盟設立までの経緯・活動目標など

最新作「ダイヤモンド・パール」が大好評の「ポケットモンスター」。
皆さんも楽しんでいますか?
もちろん、私も毎日楽しく遊んでいます。
でも……。
ちょっと気になるがあります。

「バグわざで、○○○○○(未公表ポケモン)と△△△△△(未公表ポケモン)をゲットした。え!? お前持ってないの? ダッセぇww」
「マスターボール? そんなの増殖すれば幾らでも手に入るじゃん」
「大会? 俺が勝つに決まってるだろ。PARで作った6Vの最強パーティに雑魚が勝てる筈ねぇぜ」
「増殖したディアパルで、GTSで配布ポケモン釣りまくりww ミュウやマナフィでボックスいっぱいになっちゃったよ」

……これは、私自身が、実際に目にしたり、耳にしてきたものです。
果たして、これって自慢になりますか?

「楽しみ方は人それぞれだから、何やったっていいじゃないか」
という反論もあるかと思います。
しかし、ポケモンは人とコミュニケーションすることで広がっていくゲームです。
コミュニケーションの媒体だといっても過言じゃないはずです。
WIFIの導入により、住んでいる場所に制限されず、全国……そして世界中のプレイヤーとの交流ができるようになりました。
とても便利なことですが、反面、マナーを弁えない一部の利用者によって、迷惑を被る人も続出しています。


「WIFIのボイスチャットで、失礼なことや卑猥な言葉を浴びせられた」
「GTSでバグor改造ポケモン掴まされた!」
「WIFIのポケモン交換で、限定ポケモン持ち逃げされた」
「GTSが有り得ない条件のポケモンの希望で埋め尽くされ、極普通の交換が出来ない」

私自身も、このような状況はある程度予想していたので、本当は色んな人と交換・交流がしたいのに、ともだちコードを教える相手を制限せざるを得ないのが現状です。
GTSにしても、最早まともに機能していないというのが印象です。
どのポケモンで検索しても、「アグノムLv.10みまん」「ガーメイルLv.10みまん」などという、システムの穴をついた有り得ないポケモンの希望。
この有り得ないレベルの希望や、「ムックルLv.10みまん」で「ディアルガlv.100」など、どう見ても釣り合わない希望などが多く、極普通のトレードが全く出来ない現状。
これに、改造やバグ技を行っているユーザーも目を付け、嫌がらせ行為を行うという悪循環。
GTSで有り得ないレベルの依頼を排除する為に、改造を行う。それにより、改造ユーザーが「GTSを守るため」という大義名分の元、改造という行為を正当化し台頭しています。
冗談半分や検索用の枠の拡大の為に有り得ない希望の依頼を放置している皆さんは、やめてください。
一部、「改造でも欲しい」利用者がいることは確かですが、改造やバグポケモンを掴みたくない人は気をつけましょう。
なぜなら、「アグノムLv.10みまん」「ディアルガ・パルキアLv.10みなん」など、今までは有り得ないと思っているレベルも、今では改造で出すことができますし、巧妙にGTSの穴をついて送りつけることができるようになっているようです。(こういう行為を、某大型掲示板のスレッドなどで、複数のユーザーが結託して行っているようです
改造ポケモンを貰わないためにも、こういった相手の感情を煽り、GTSを荒れさせる行為はやめてください。


また、明らかにニックネームがバグっている色違いのポケモンもいますが、この辺りは手を出さなければ問題はありませんが、反対に送られてきた場合は、手の打ちようがありません。
しかし、本人が幾ら気を付けても、「送りつけられてきたパルキアが、201どうろで捕獲されていた」「個体値がALL0だった」など、改造ポケモンを押し付けられる場合。
これらの改造やバグポケモンを送りつけられた利用者は、大切なセーブデータを壊されてしまう危険性も有り得るのです。
こうなると、単なるいたずらでは済みません。

また、そのポケモンを侮辱し、相手に不快な思いをさせるいたずらもあります。
「不快なニックネームが付けられていた」「持っていたメールに中傷が書かれいた」「わざが全て秘伝わざに変えられていた」「有り得ない技を覚えていた」など、かなり悪質な事例があります。
広い世代で愛されているポケモンですが、やはりそのメインターゲットは子供です。
大人なら笑って済ませられるいたずらも、純粋にポケモンを楽しんでいる子供には深刻なダメージを与える場合があります。
このようなマナーを守らない一部の利用者のせいで、ポケモンを嫌いになってしまったり、交換という行為に拒否反応を示してしまう子供たちが出てきてしまうのは、とても悲しいことです。

改造・バグわざ・マナーの無視……。
これらのことをやっている人にとっては、「所詮、ポケモンもデータに過ぎない」のかもしれない。
「育成なんて面倒なことに時間を使うくらいなら、改造して強いポケモンを出した方が効率的」という考え方の人もいます。
作られたデータであっても、ゲームの世界の中では、ポケモンは生きていると思います。
一緒に冒険をし、難関を乗り越え、共に成長していくパートナーです。
好きで手に入れたゲームの世界ですら、その世界に存在するルールを無視し、自分の勝手気ままな価値観を優先。
更には、それを他人に押し付けようとする考え方は考え物です。
純粋にポケモンを愛している者にとって、大いに侮辱であり、許し難い事です。

私の仲間・知人にも、改造・バグわざ・マナーの無視により、被害を受けた人が多く存在しています。
もう、通信対戦も交換もしたくない、GTSが恐い、セーブデータをリセットした……。
「マナーを守り、楽しく利用していたのに、なんで!」
楽しい筈のポケモンで、このような悲しい思いをする利用者をこれ以上増やしたくない──
そんな思いから、この同盟を設立しました。

★当同盟の趣旨・活動目的
・改造・バグ技の問題点・危険性の訴える
・改造・バグ技による正規でないデータを貰わない・広めない
・通信(ポケモンの交換・対戦・ユニオンの利用(チャット・レコードをまぜる等))・GTSなどを利用する際の意識の向上(マナーを守る)を訴える
・通信をする際は、相手が改造・バグ技をやっていないか注意を払い、改造・バグデータを貰わないようにする
・同盟に賛同してくださる同志の皆さんとの交流・意見の交換をし、活動をより濃く意義のあるものにしてゆく
・ネット・イベント等でのチラシの配布、口コミなどで、趣旨をより多くの人に知ってもらい、理解を求める

※「改造・バグ技」と「マナーを守る」ことは別問題じゃないかという懸念もありますが、「改造・バグ技」の一番問題なのは、改造・バグデータの通信媒体を用いた拡散で、「改造・バグ技」をやっていない人、嫌いな人、知らない人の手に渡ってしまう事です。正規ではないデータを拡散することは、マナー違反です。
※他にも、「こんなことが出来ないか」「こうしたらいいんじゃないか」など、ご意見・ご提案をお待ちしております。


戻る